+ 文字を大きくする | - 文字を小さくする
2200329
ペンションあるびおんの野鳥・バードウォッチング掲示板

[HOME] [あるびおんの日々] [野鳥撮影のマナー] [投稿画像一覧] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

2005年4月18日から2006年8月16日までの過去ログ | 2006年8月16日から2006年9月13日までの過去ログ
投稿画像一覧機能が付きました。↑のメニューの[投稿画像一覧] から入れます。
  -------------------------------------------------------------------------------
拡大画像の表示方法を変更いたしました。
拡大画像をクリックすると、手動スライドショーのようにページ内の画像が順次切り替わります。
お楽しみください。
狩り成功  投稿者: albion  No.8970   HomePage
投稿日:2017/10/25(Wed) 09:27

意外と狩りの成功率は低いようで、これが最初で最後でした。
でも、遠すぎました。


最近は見れてません  投稿者: 中島 忍 MAIL   No.8968
投稿日:2017/10/24(Tue) 06:36

お世話様です。
10年位前に撮った画像がありました。





Re: 最近は見れてません   albion  No.8969   HomePage
投稿日:2017/10/25(Wed) 09:25

中島さん、こちらこそお世話様です。
凄いのが撮れていましたね。

これ以上はなかなか撮れませんよ。
このヤマセミは地元撮影ですよね。
いいところにお住まいです。

ヤマセミ  投稿者: albion  No.8967   HomePage
投稿日:2017/10/23(Mon) 15:45

鳥涸れのこの時期は撮影が出来ません。
と言うわけで、又残りのヤマセミ画像です、

D7200,F4.5,ISO1600,SS1/640


鏡池  投稿者: albion  No.8966   HomePage
投稿日:2017/10/22(Sun) 19:04

せっかくの遠征なので、風景写真も撮影しました。
いい季節です。
何故、こんな素敵な時期に台風が・・・
皆さん、気をつけてくださいね。


キビタキ♀  投稿者: albion  No.8965   HomePage
投稿日:2017/10/21(Sat) 11:54

突然の出会いでした。
きっと北の方から渡って来ている途中の個体だと思われます。
八ヶ岳でムギマキを2度見かけたときは、2度とも近くにキビタキも居て、行動を共にしているようでした。


アトリ  投稿者: albion  No.8964   HomePage
投稿日:2017/10/20(Fri) 07:30

麦まきが見つからなかったので、早めに切り上げ八ヶ岳周辺の野鳥を探してみました。
いきなり、400羽位のミズキの実を啄むアトリと遭遇しました。
撮影を始めるとミズキに止まっていたアトリが飛び立ち、近くの白樺に止まったアトリを撮影しました。
今年もアトリは健全そうですね。


マミチャジナイ  投稿者: albion  No.8963   HomePage
投稿日:2017/10/19(Thu) 09:26

本命の麦まきが不在だったので、マミチャジナイを撮影してきました。
この時期は他にこれと言った野鳥は来ていないし・・・


ツルマサキ  投稿者: albion  No.8962   HomePage
投稿日:2017/10/18(Wed) 21:37

昨日、今日と天気予報が良かったので、麦まきが寄るあの場所へ行って来ました。
好物のツルマサキがまだまだ熟しておらず、麦まきが見当たりませんでした。
せっかく休みを取って出かけたのに・・・・
まっいいか、ゆっくり出来たし。
少しだけ熟していたツルマサキを食べていたのは、コガラでした。


スピード飛翔  投稿者: albion  No.8961   HomePage
投稿日:2017/10/14(Sat) 14:02

最近のカメラはISO感度がかなり上げられます。
SSを上げて飛んでいる野鳥を止める事は簡単です。
しかし、逆に写真にはスピード感が表現されなくなります。
適当に羽根がぶれていたり、背景が流れたりしていた方が写真にスピード感が出てきます。
そのような撮影には精神的な落ち着きも必要です。
早いスピードで飛んでいる野鳥に、ピントをしっかりと合わせなければなりません。
特に背景が有る場合はAFは難しいですね。
ISOが1000でSSは1/320です。


枝止まり  投稿者: albion  No.8960   HomePage
投稿日:2017/10/13(Fri) 16:08

大変神経質なヤマセミの撮影は、多くの場合ブラインドを使用します。
そうすると視野が狭められて、飛翔シーン撮影が難しくなります。
私はブラインドの中が嫌いで、今まで使った事が有りません。
今回もブラインド無しの撮影でした。
しかし、物陰に隠れ距離もかなり取っていました。
ですから、画質は二の次でしたが、沢山の飛翔シーンが撮れました。
ピントを合わせることが、大変難しい飛翔撮影でした。
次いつ、チャンスが訪れるか、疑問です。


[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71]
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

ペンション あるびおん

山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332−1157
ご宿泊のお問い合わせは
TEL 0551-36-4166 FAX 0551-36-3950
mail@p-albion.jp

- Joyful Note -
- Designed by T.M -