+ 文字を大きくする | - 文字を小さくする
1813131
ペンションあるびおんの野鳥・バードウォッチング掲示板

[HOME] [あるびおんの日々] [野鳥撮影のマナー] [投稿画像一覧] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

2005年4月18日から2006年8月16日までの過去ログ | 2006年8月16日から2006年9月13日までの過去ログ
投稿画像一覧機能が付きました。↑のメニューの[投稿画像一覧] から入れます。
  -------------------------------------------------------------------------------
拡大画像の表示方法を変更いたしました。
拡大画像をクリックすると、手動スライドショーのようにページ内の画像が順次切り替わります。
お楽しみください。
キガシラムクドリモドキ  投稿者: albion  No.7167   HomePage
投稿日:2016/06/12(Sun) 16:40

ようやく小淵沢に戻りました。
今回の旅はジャスパー・バンフが有るカナディアンロッキーを巡り、その間にいろいろな環境で暮らす野鳥達と野生動物を観察・撮影が主な目的でした。
その他化石の博物館や第二次世界大戦中日系人が収容されたNew Denverの町を訪ねたり、コロンビア大氷原ではアサバスカ氷河の上を雪上車で走り氷河の溶けた水を飲んだり、温泉に浸かりながらハチドリを観たり、最後はビクトリアに渡りシャチを観たりと変化に富んだ旅行となりました。
野鳥は冬に観られた種類とは違い、春にふさわしい綺麗な鳥たちが多く観られました。
まずは沼地で観られたキガシラムクドリモドキ(24cm)です。
カナダとの時差が大きくて、体調を整えるのに時間がかかりそうです。
写真はゆっくりと紹介させていただきます。


ハシグロアビ  投稿者: albion  No.7166   HomePage
投稿日:2016/06/10(Fri) 13:01

カナダからの最後の投稿です。
比較的標高の高い湖や池で普通に観られましたが、警戒心が強く近くで撮影がなかなか出来ませんでした。
本当は背中にヒナを乗せているシーンを撮影したいと思っていたのですが、少し時期が早かったようです。
例年ですと丁度のタイミングですが、今年は寒かったせいなのか、孵化はまだでした。
日本では2例が有る迷鳥です。近くで観るととても綺麗な野鳥です。


アオライチョウ  投稿者: albion  No.7165   HomePage
投稿日:2016/06/08(Wed) 13:28

バンクーバーに今日戻りました。
撮影した写真の整理が出来ていませんが、印象的な野鳥のワンシーンをお届けします。
今朝ほど撮影に成功したアオライチョウです。
ディスプレーがとても綺麗で、この野鳥だけでもカナダに来て良かったと思わせてくれました。


Bighorn sheep  投稿者: albion  No.7164   HomePage
投稿日:2016/06/07(Tue) 07:55

この動物も道沿いに出ました。
本来ならば荒れた岩場にいるのですが、この時は民家の隣の空き地から車道を渡るために出てきました。
20頭位の雄だけの群で、迫力満点でした。
これだけの雄の群は珍しいとのことです。
野鳥掲示板なのに動物ばかりでゴメンナサイ。
帰宅後に野鳥は投稿させていただきます。


コヨーテ  投稿者: albion  No.7163   HomePage
投稿日:2016/06/06(Mon) 12:33

小さな湖畔の向かいに、キツネが現れたと思ったのですが、何か違う。
よく見るとテレビで見たことがある、コヨーテでした。
本当に驚きの連続です。


母熊  投稿者: albion  No.7162   HomePage
投稿日:2016/06/03(Fri) 14:59

ブラックベアーの続きです。
目の前に親小熊が現れるとは、驚きでした。
草むらで食事をし始めたので、車から降りて、怖々撮影しました。
母熊ににらまれた時は少し恐怖を感じました。
勿論、車のドアーは閉めずに、半身態勢でした。


ブラックベアー  投稿者: albion  No.7160   HomePage
投稿日:2016/06/02(Thu) 21:51

中島さん、今ジャスパーに来ています。
素晴らしい景色に圧倒されました。
それよりもブラックベアーの親子が車の目の前を悠然と横断していきました。
カナダは想像以上に自然豊かな地です。
今回の旅は動物との出会いも沢山有りそうです。


初見の親フクロウ  投稿者: 中島 忍 MAIL   No.7159
投稿日:2016/06/02(Thu) 07:50

お世話様です。
カナダからの手紙・・・これは歌の題名でした。
前回のカナダの鳥も凄かったですが、今回も期待してます。


カナダより  投稿者: albion  No.7158   HomePage
投稿日:2016/06/01(Wed) 23:19

カナダから投稿しています。
インターネット回線が遅くて、ようやくの画像アップです。
まずはカナダガンの親子です。
予想通り、春のカナダは営巣中、これから営巣と春真っ盛りです。
葉が茂っていて、小鳥の撮影は難航しております。
インターネット事情が良ければ、これからもアップしますので、見ていてください。
無事に旅を続けていますので、ご安心を。


バンクーバーから  投稿者: albion  No.7157   HomePage
投稿日:2016/05/30(Mon) 15:06

明日早朝から川端雅章氏(BARDER6月号でバンクーバー探鳥の解説文筆者)とカナダの夏鳥撮影、ジャスパー・バンフ周辺の湖と氷河撮影の旅に出発です。
カナダNo1のガイドさん川端氏の探鳥ガイドですので、良い報告がお伝え出来ると思います。
ネット状況が分からないので、直ぐにアップできるか心配ですが、楽しみにしてください。
画像は前回カナダでの撮影で、カラフトフクロウです。
先日ワイルドライフ(NHKEテレ)で放映されていましたね。再放送もありますよ。


[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38]
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

ペンション あるびおん

山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332−1157
ご宿泊のお問い合わせは
TEL 0551-36-4166 FAX 0551-36-3950
mail@p-albion.jp

- Joyful Note -
- Designed by T.M -