+ 文字を大きくする | - 文字を小さくする
1813131
ペンションあるびおんの野鳥・バードウォッチング掲示板

[HOME] [あるびおんの日々] [野鳥撮影のマナー] [投稿画像一覧] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

2005年4月18日から2006年8月16日までの過去ログ | 2006年8月16日から2006年9月13日までの過去ログ
投稿画像一覧機能が付きました。↑のメニューの[投稿画像一覧] から入れます。
  -------------------------------------------------------------------------------
拡大画像の表示方法を変更いたしました。
拡大画像をクリックすると、手動スライドショーのようにページ内の画像が順次切り替わります。
お楽しみください。
whitehorseのイスカ  投稿者: albion  No.7063   HomePage
投稿日:2016/03/15(Tue) 08:18

オーロラを観るために宿泊したロッジ周辺で、早朝に鳥が居ないかと探してみました。
ロッジの支配人は夏は沢山の野鳥にあふれていますが冬は居ませんと言っていたので、期待しないで鳴き声とかを聞いていました。
本当に静かな所で、時折アラスカ・ハイウェイを走るかなり遠くの車の音と時々通過する小型飛行機のエンジン音だけが聞こえて来ます。
車や飛行機が通過しない静かな空間で、耳を澄ますとかすかに小鳥の声が聞こえて来ます。
居る居る、きっと赤い鳥だと確信しました。
ロッジの支配人に餌台に餌を置くように提言すると、快諾してくれました。
しばらく待つと、いつの間にか、イスカが餌台に来ていました。
日本では考えにくい光景です。


オーロラ  投稿者: albion  No.7062   HomePage
投稿日:2016/03/14(Mon) 13:15

今回のカナダの旅は、野鳥写真とオーロラ写真両方の撮影が大きな目的でした。
オーロラは1日では観られる確率が低く、今回はwhitehorseには3日の滞在でした。
日中はやることがないので、観光とか氷上fishingで過ごしました。
到着日の前日は大きく綺麗なオーロラが観られたと聞き、期待したのですが、到着日から天気が崩れずっとどんよりとした曇りです。
2日目の朝方ようやく雲が晴れ、星がくっきりと見えました。
久しぶりに人工衛星や流れ星に巡り会えて、嬉しい気持ちになりました。
しかし、それも短時間で、これがオーロラ!という感じはありません。
何処か近くの街の灯りが雲に反射しているのかと思いました。
何しろ初見で観ている方も少なくて、皆自信が持てません。
だが事前にオーロラは緑色に輝いていると聞いていましたので、きっとこれがそうだ!
折角オーロラ撮影用に持って来たカメラとレンズ、必死になって撮影しました。
翌日現像ソフトで明るくしました。
揺れ動くカーテンとはいきませんでしたが、星空に輝くオーロラが写っていました。


Lynx カナダオオヤマネコ  投稿者: albion  No.7060   HomePage
投稿日:2016/03/13(Sun) 09:55

カナダまで行って、オーロラを観ないで帰って来るのは忍びないですよね。
行ってきました、アラスカ近くのwhitehorse。
やっと観てきました、オーロラ。
それよりも貴重な野生動物との出会いが有りました。
氷上fishingの帰り道に突然の出会いでした。
道の前を見たことのない動物の後ろ姿がありました。
ガイドさんは直ぐに車を減速し、ゆっくりと近づきました。
こちらを振り向くと、大きなネコのような動物です。
ガイドさんも興奮気味に、Lynx カナダオオヤマネコですと説明。
私もこんな近くで観るのは初めてですと。
今回の旅は本当についていました。
撮影は妻が高倍率コンデジで撮りました。
下は近くを流れるユーコン川。





Re: Lynx カナダオオヤマネコ   albion  No.7061   HomePage
投稿日:2016/03/13(Sun) 19:12

全体が見渡せない位大きなfishinglakeです。
気温もかなり低く、湖を覆う氷の厚さは80cmにもなる。
モーター付きの穴掘り機を使って氷に穴を開けます。
数年前までは手回しで開けていたようです。
雄大な景色を眺めながらの釣りは最高でした。
しかし、当たりはあったのですが、ボウズでした。


クロミヤコドリ  投稿者: albion  No.7059   HomePage
投稿日:2016/03/11(Fri) 22:52

バンクーバー周辺でも観察される場所は少ないようです。
何か黒シリーズになりそうです。


ビロードキンクロ♂  投稿者: トリキチ  No.7057
投稿日:2016/03/11(Fri) 20:07

 アルビオンさん、こんばんは。トリキチです。
久し振りに投稿させていただきます。 
 今月4日に海鳥たちに会いたくて、新浦安に行ってきました。そしたら、何と、ビロードキンクロ♂が間近で大サービスしてくれました。
 今まで、スコープでしか観察できなかったビロキンですが、一眼でバッチリ撮ることができました。
 目の下の三日月形の白斑と嘴基部の黒いコブが特徴です。





Re: ビロードキンクロ♂   albion  No.7058   HomePage
投稿日:2016/03/11(Fri) 22:48

トリキチさん、お久しぶりです。
千葉にも来ていたのですね。
カナダにも居ました。
こちらは近くには来てくれない代わりに、ビロードキンクロ・アラナミキンクロ・クロガモが同時に観られました。
近くに来てくれなかったので、こんなにはっきりと観られて嬉しいです。
ありがとうございます。


ハゴロモガラス  投稿者: albion  No.7056   HomePage
投稿日:2016/03/11(Fri) 06:38

バンクーバーのパークで普通に観られる野鳥です。
オスはオスは肩から背中にかけて綺麗な赤い羽根が特徴で、撮影するのが楽しい鳥でした。
メスはこれがハゴロモガラスの♀と驚くくらい違う野鳥でした。
今回の野鳥撮影は時間の関係上、ワンチャンスの撮影が多かったので、構図は二の次でした。
とにかく、しっかりとピント合わせて撮らないと・・・
その結果が多くの種類が撮影出来た事だと思います。


ヒメハジロ  投稿者: albion  No.7055   HomePage
投稿日:2016/03/10(Thu) 08:47

昨日深夜にあるびおんに帰宅出来ました。
時差で眠れなく一睡もしていない。
八ヶ岳から初の「カナダからの写真」を投稿します。
日本では稀に冬鳥として飛来してくるようで、とても小さなカモです。
♂♀共に撮影しましたが、図鑑にある夏鳥との違いが分かりません。
もしかしたらすでに夏羽になっていたのか?
バンクーバーにあるスタンレーパーク湾内に沢山いた。
撮影時は黒く見えたが写真で観ると、とても綺麗だ。
上が♂下が♀


ハクトウワシ  投稿者: albion  No.7054   HomePage
投稿日:2016/03/09(Wed) 01:30

カナダで撮りたい鳥リストに入っていた、ハクトウワシ。
リベンジに出かけてきました。
自然な姿が撮影出来ました。
この画像がカナダからの最後の投稿になります。
50種を超える野鳥撮影が出来ました。
日本に帰国後も「カナダからの写真」は続きます。
まだ大物も残っています。
後数時間で羽田行きのジェットに搭乗です。


コミミズク  投稿者: albion  No.7053   HomePage
投稿日:2016/03/08(Tue) 12:54

以前シロフクロウが群で渡って来ている情報が有り、今年も来る可能性があったから。(実際、1羽が来ていた。しかし今は居ない。)
子供の頃からカナダの大自然に憧れが有り、1度は行ってみたかったので、今回でその夢は叶いました。
他の野鳥の情報はほとんど有りませんでしたから、その種類と数の多さには驚かされました。
海に囲まれたバンクーバーですから、海鳥は真剣に探せば、もっと多くの種類が観られたはず。
でもフクロウが観たかったので、多くの時間をフクロウ撮影に費やしたのでフクロウ達は予想より沢山撮影出来ました。
今回はハイイロチュウヒ狙いで、ついでにコミミズクを撮影してきました。贅沢!


アラナミキンクロ  投稿者: albion  No.7052   HomePage
投稿日:2016/03/08(Tue) 00:24

おはようございます、と言うかこんばんは。
現地時間am7:25です。いよいよ日本への帰宅が迫ってきました。
昨夜遅くにホワイトホースからバンクーバーに戻り、今日から帰宅の準備です。体調を整えたり、時差ぼけに対応できるようにしたり、お土産を買ったりと・・・
仕事ややらねばならぬ事とか、考えると恐ろしい。
でも楽しんだのですから、頑張らねば!
皆さんにもご迷惑をお掛けしております。
元のあるびおんに戻ります。
これからも、応援のほど、よろしくお願いいたします。

日にちを遡って初日ホワイトロックの桟橋で観たアラナミキンクロ♂の紹介です。
まだ朝が明けたばかりの海に突き出た桟橋からの探鳥でした。
いきなりカナダの雄大な景色に圧倒されました。
この場の雰囲気を楽しみながら、景色を眺めていたかったです。


[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38]
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

ペンション あるびおん

山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332−1157
ご宿泊のお問い合わせは
TEL 0551-36-4166 FAX 0551-36-3950
mail@p-albion.jp

- Joyful Note -
- Designed by T.M -